スタンダードコース|NRIJ認定コンサルタント

講師は、NRIJ認定コンサルタントであるメイン講師(2日間)、ロールプレイ講師(2日目のみ)の2名で担当します。 NRIJ認定コンサルタントとは、PMMS本部指名の専門インストラクターによる指定トレーニングを修了し、かつ、本部認定を受けたコンサルタントのことです。

前提として、下記の評価基準を満たす経営コンサルタントとしての資格および経験、かつ、企業内における営業または購買などの現場経験を保有していることが必須条件になります。

NRIJ 認定コンサルタント評価基準

認定コンサルタントとしての資格および経験
(MBA,中小企業診断士の資格、もしくは、信用あるコンサルティングファームでの3年以上の実務経験)

次のいずれかの業務や職種に、相当期間、携わった現場経験

・販売、営業
・購買、調達(パーチェシング)
・特殊専門職種(MR、SE職など)
・社員教育、人材開発

NRIJ認定コンサルタント

 観音寺 一嵩
 土居寛二
 宮本直樹
 熊谷 学
 唐島 勉
 太田哲二
 柿崎直和

観音寺一嵩(かんおんじ いっこう)
外資系ブックセールス会社「ウエブスター社」で訪問販売を実践し、当時のセールス・レコードを樹立。グループリーダー及び新入社員トレーナーとして訪販技術を指導する。その後、大手衣料品専門店チェーン「ミツミネ」において、主に、不動産関係の対外折衝業務に約20年間、責任者として携わる。
1982年4月、中小企業診断士の資格取得後、経営コンサルタントとして独立。中小企業大学校、産業能率大学校などの講師を歴任。現在、(株)NRIJ代表取締役社長NRIJ認定コンサルタント。
著書に「絶妙な交渉の技術」(明日香出版社)、「戦略的交渉力」(東洋経済新報社)、「eビジネスベストサイト」(同友館)などがある。専門分野は交渉力とマーケティング。

土居 寛二(どい かんじ)
インテリア商材の国内最大手企業にて12年間、営業職に携わる。中小企業診断士の資格を取得後、土居寛二中小企業診断士事務所を開設し独立。現在、MDC株式会社代表取締役。 中小企業の経営革新、資金調達、株式公開支援などのコンサルティング、地域金融機関からの依頼による企業再生支援、および、リーダーシップ研修、アセスメント研修、ソリューション営業研修講師などを中心業務とする。
著書に「担保に頼らず1億円集める資金調達」(かんき出版)、「手形・小切手の取引実務」(かんき出版)、「紙器ダンボール箱製造業者のための営業員テキスト」(全日本紙器ダンボール箱工業組合連合会)などがある。

宮本直樹 (みやもと なおき)
スポーツ用品の国内大手企業にて10年間、営業・企画に従事。その後、通信ベンチャー企業を経て、外資系の著作権・商標権ライセンスファームのプロダクトマネジャーとして、有名キャラクターの商品企画、ライセンス戦略に携わる。2001年に中小企業診断士として独立、民間企業を顧客にコンテンツ制作会社、雑貨店の著作権ビジネス戦略コンサルテーションを行うほか、大田区創業支援施設のインキュベーションマネージャー、中小企業基盤整備機構登録アドバイザー、中小企業大学校講師などを務める。 専門分野は、著作権ライセンス戦略、商品企画、創業支援など。

熊谷 学(くまがい まなぶ)
大手アパレルメーカーにて17年間、営業、企画業務に携わる。在職中に中小企業診断士の資格を取得し、熊谷中小企業診断士事務所を開設し独立する。 現在は、中期経営計画の策定や経営革新、新規事業開発などのコンサルティング業務を中心に、リーダーシップや問題解決、ロジカルシンキング、ヒューマンアセスメントなど大手企業に対する研修講師、中小企業診断士講座の講師やマーケティングに関するセミナーの講師も務める。
また、「日本繊維新聞」での連載や「商業界」の特集記事など、執筆業務も行っている。専門分野は経営戦略、マーケティング。

唐島 勉(からしま つとむ)
NRIJシニアコンサルタント。中小企業診断士、オフィス2106代表。
大手電機メーカーで業務企画、労務総務等の経験を持つ。主に、資材調達分野において第一線で活躍。特に、機器・重電・半導体製造・保守メンテナンス分野で 調達統括者として生産に密着した資材調達を指揮実践し、資材戦略と調達革新、コスト改善、協力会社育成で実績をあげる。
現在は、中小企業経営指導や調達管理・コスト低減等の助言指導などに当たる。また、資材バイヤー教育や調達スキルアップ研修、購買交渉力トレーニングなどを実施。 専門分野は、購買・調達全般。

太田哲二(おおた てつじ)
九州大学農学部卒業。バイエル薬品、ワーナーランバート、ファイザー、万有製薬など、世界トップの外資系製薬会社に約36年勤務。この間、営業、マーケティング、学術、人財開発の仕事に携わる。主にグローバルで展開されている管理職研修の日本向けローカライズ、コーポレートユニバーシティの企画・運営、MR向けのセリングスキルの開発やパフォーマンスコンサルタントとして部門のニーズに合った研修体系を構築する。
「7つの習慣」「EQの自己理解」「チェンジマネジメント」「プレゼンテーション」「ファシリテーション」「構造的問題解決技法」などのライセンスインしたプログラムやグローバルで開発したリーダーシップ研修の社内講師を務める。
現在、立教大学経営学部兼任講師、(財)ポジティブイノベーションセンター理事、他。

柿崎直和(かきざき なおかず)
富山大学薬学部卒業(薬剤師)。大手製薬企業に約40年勤務。 この間、MR(医院、病院、大学担当)、本社マーケティング部門(製品戦略、学術販促、研修)、支店長、本社環境対策部門、などを歴任。
その後、MRコンサルタントとして独立し、現在に至る。
得意分野は、医薬品業界全般、特に、MR育成。

 交渉力研修スタンダードコースへ戻る