職種特化コース|《MR対象》理論編

MR特化コースは、ドクターをはじめ医療関係者との「信頼」をベースにして、交渉力による「成果伸長」を実現するためのプログラムです。

30年余の年月をかけ、多くの顧客企業から支持を得てきたNRI『戦略的交渉力』プログラムを、MR用としてアレンジした、当社独自の開発プログラムです。

「MRのための交渉力セミナー」プログラムは、『5・6・7理論』で、交渉を体系的に理解できるようにまとめられています。

『5・6・7理論』とは

『5・6・7理論』とは、「5つの説得テクニック」、「6つの交渉フェーズ」、「7つの交渉タクティクス(戦術)」で構成されています。

まず、次の「5つの説得テクニック」があります。
1.EMOTION(感情・情動)
2.LOGIC (論理)
3.APPREHENSHION (危惧)
4.GIVE & TAKE (交換)
5.COMPROMISE (妥協)

次に、「6つの交渉フェーズ」があります。
1.GOAL SETTING (目標設定)
2.PLANNING (計画
3.Opening (開始)
4.Test (確認)
5.Move (移動)
6.Agree (合意)

そして、次の15の交渉タクティクス(戦術)およびトリック(計略)を紹介しています。
それらの内、「7つ以上のタクティクス」を自在に使えるようになれば、交渉力が格段にパワーアップします。

《 15の交渉タクティクスとトリック 》
・棚上げ ・シベリア転勤 ・積木方式 ・ねずみかじり ・塵も積もれば ・フリンチ! ・第三者の権限 ・万力 ・針のむしろ ・ラスト・チャンス ・煙に巻く ・刑事コロンボ ・沈黙は金 ・負担の委譲 ・耳にたこ

さらに、長期にわたり交渉成果を上げていくため、『5・6・7理論』の活用と並行して、交渉相手との「良い人間関係」というインフラ作りの重要性を学びます。
その他、「交渉に臨む心構え」、「交渉スタイル」、「交渉の定義」、さらには「交渉の武器」などを学習します。

 交渉力研修職種特化コースへ戻る