お客様の声

NRIJ戦略的交渉力セミナー研修導入の経緯や導入効果について、ご採用いただいた人事・教育ご担当者様へのインタビューをご紹介しています。

事例2

エスエス製薬株式会社
財務管理本部 プロキュアメント部 部長 熊谷文男 様

「メンバーがテキストのキーワードを、場面、場面に応じて使い分けが出来るようになった事。また、そのテクニックを業務に使用していることを日常確認出来て、研修の成果が表れていると思いました。」

【研修対象者:プロキュアメント職】
【研修実施年月:2007年2月~】
貴社が「交渉」研修を導入しようと思われた「背景」は何でしたか?

私が、ある外資系企業から、伝統的な日本的ビジネスを行っている会社に入社し、部下の日常業務を目の当たりにし、非常に驚いた経験があります。その一つに、社員の交渉スキルの低さがありました。購買部門に永年おりながら本格的に価格交渉スキルの研修さえ受けてない部下が殆どだったのです。
そこで、交渉力教育の必要性を痛感していたときに、前会社の同僚から、『NRIJ戦略的交渉力セミナー』 を紹介され、部員全員に研修を受けさることを決定しました。

弊社の本セミナーを導入していただいた「キッカケ」と「決め手」は何でしたか?

同僚からの口コミで、研修内容に大変興味を持ちました。
それは、2日間の研修ですが、1日目は座学で、これがまた、非常に頭に残る研修でした。2日目は講師の先生が演じる、業者の方とのロールプレイングの研修で、その交渉内容をすべてビデオに撮影し、そのビデオを少人数のメンバーの前で、別の講師の先生と、最初の挨拶から、顔の表情、言葉使いの抑揚、使用する言葉の選び方など、全て指摘をして頂く事が出来ることでした。

本セミナー実施後、受講者や社内の雰囲気などで変わったことは何でしょうか?

メンバーがテキストのキーワードを、場面、場面に応じて使い分けが出来るようになった事。その使用したキーワードや場面を他の同僚に説明していることを確認出た事。また、そのテクニックを業務に使用していることを日常確認出来て、研修の成果が表れていると思いました。

その他、ご感想・ご意見(気に入っていただいていることなど)。

講師の先生の説明は、おざなりでなく、自信のある声で、しっかりと全員にしみわたるような声で説明され、受講者には、居眠りしているものは一人もいなかった。(これは本当にすごいことです)
それは、講師の先生の説明が良かったのはもちろんですが、そればかりではなく、研修テキストの内容、交渉時の話法、その他いろいろなテクニックについても非常に参考になり、居眠りをしている暇がなかったからだと思います。

 お客様の声一覧へ戻る