NRIJ戦略的交渉力セミナー|ロールプレイ実習

「交渉力」は、コミュニケーション・スキルの一種です。そこで、頭で解っていても実践しなければ、交渉の成果は上がりません。
そこでNRIJでは、知識だけの習得ではなく、他に類を見ない徹底的な「ロールプレイ実習」を行うことにより、本人が多くの「気付き」を得て、積極的に実践で活かすようにしてもらいます。

〈ロールプレイ実習のねらい〉

・スキル及びテクニックの練習および習得
・各自の交渉スタイルの認識、改善点の発見
・交渉に対する不安解消、自信の獲得
・今後の交渉スキル向上の意欲付け

〈カスタマイズ・ケーススタディ(各ラウンドのテーマ)の作成〉

当セミナーでは「ロールプレイ実習」で使用するケーススタディを、カスタマイズすることをクライアント様に推奨しています。これが当セミナーの一番のセールスポイントでもあります。
理由は、日常の交渉シーンを再現した実践的な実習を行なうことにより、受講者に研修成果を早期にあげてもらうためです。
カスタマイズ・ケーススタディ(各ラウンドのテーマ)の実例

〈ロールプレイ実習の進め方〉 (下図参照)

・各チーム4名のチーム編成で、各4ラウンドの「交渉ロールプレイ」を実施します。
(ラウンド毎に交代しながら、受講者全員、一度は交渉者として登場)。
・3部屋を使用し、「プランニング」、「交渉ロールプレイ」、「フィードバック」を同時並行で実施します(2名のNRIJ認定講師が担当)。
・「ケーススタディ」を基に、グループ・ワークで「プランニング」を実施します。
・プロのロールプレイ講師を相手に、マンツーマンで「ロールプレイ」を実践します
 (その姿をビデオカメラで撮影)。
・ビデオを再現しながら、メイン講師から「フィードバック(個人指導)」を受けます。

ロールプレイ演習

 交渉力研修スタンダードコースへ戻る

 職種特化コースへ戻る